シミ対策で人気のシズカゲル

シワ改善の効果も実証されているオールインワンですが、使い方を間違ってしまうと効果を半減していしまう可能性があります。

そうならない為にもここではシズカゲルの正しい使い方と間違った使い方をご紹介します。

 

シズカゲルの間違った使い方

シズカゲル 使い方

  • けちって少ししか使わない
  • 強くこすらない

けちって少ししか使わない

いくらシズカゲルがシミやシワに効果的だといっても少しの量しか使用しないと、その効果は半減していしまいます。

口コミで効果がないとかシミが消えないといった方は、シズカゲルの本体の裏には一回に使用する目安のメモリがありますのでそちらを参考にしてお使いください。

強くこすらない

新しいスキンケア商品を買って、やってしまいがちなのが「強くこすってしまう」ということです。

すぐに効果を求めてしまって気が付かないうちに力が入っている経験がある方も多いのではないでしょうか?

強くこすってしまうと、肌にとってよろしくないので優しくスキンケアするようにしましょう!

シズカゲルの正しい使い方

シズカゲル 使い方

シズカゲルの正しい使い方はとってもシンプルで

1日2回使用する

ということです。

1回分が3~4cmとなっています、商品本体の裏に使用する目安のメモリがあるのでその大きさに合わせましょう。

もし、気になる箇所があれば重ね塗りをすることでより効果を実感できるでしょう。

 

シズカゲルをお得に始めてみる

 

シミウスは、2つの有効成分が配合された薬用美白オールインワンです。

 

アルブチン:シミの元であるメラニン色素ができるのをブロックする

 

グリチルリチン酸ジカリウム:炎症(ニキビ・肌荒れ)をおさえる

 

といった効果がきたいできるので、塗っているだけでも「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」効果を発揮します。

 

これから出来るシミを抑えることがかのうなんて明るい未来が見えてきますよね!

 

通常美白コスメは、紫外線の多い夏だけ使っているという方も多いかもしれませんが、実は紫外線は、曇り空や寒い冬でも容赦なく降り注いでいます。

 

特に紫外線の中でも紫外線A波の方は春夏秋冬に関係なく、シミ以外にもたるみやシワなどの「光老化」を引き起こすそうですので年間を通じて注意が必要ですね。

 

紫外線の対策としてUVケア成分の入っている日焼け止めを行っている方も多いと思いますが、紫外線を浴びてしまった後の処置として薬用美白商品をつかうといいそうです。

 

普段、目につくシミが薄くなっていないと「効果ないのかな?」って使用を中止してしまう方も多いと思いますが、美白ケア商品はこれからできるシミを予防するという大きな役割を持っています。

 

ですので、1日2回といった毎日使うことが重要になってきます。